福島県浪江町で住友商事、国内キャンプ用品大手「スノーピーク」と連携したJR浪江駅東側のコワーキングスペース「ナミエシンカ」に、「住箱(じゅうばこ)カフェ浪江」が、今日オープン。スプーンや皿などの食器は、バイオマスレジン福島がお米を原料に作ったプラスチック「ライスレジン®製」が採用されました。

カフェでは、浪江町産を中心とした県産食材を使ったメニューを提供しています。

この記事が、福島民報に掲載されました。

https://www.minpo.jp/news/moredetail/20231006111115