代表メッセージ

Plastic innovation
for tomorrow.

バイオマスレジンホールディングスの設立前、日本におけるバイオマス関連事業創成期の2005年に事業をスタートしました。
それ以来、今日に至るまで、この分野のビジネスとしての無限の可能性と地球規模の環境配慮への責務、
そして持ち前の諦めの悪さで、幾多の荒波を乗り越え、技術革新を行い続けてきました。

そして今、日本やアジアで大切な資源であるお米由来のバイオマスプラスチック「ライスレジン」や
生分解性プラスチック「ネオリザ」といった環境配慮型プラスチックの製造販売をベースに、
海洋汚染や地球温暖化、フードロスなど世界規模の社会課題に対峙しています。

一方、国内の農業問題や地域活性などの身近な社会課題にも日本各地で展開するグループ会社と連携し、
我々にしか出来ない解決法で取り組んでいます。

「Plastic innovation for tomorrow」をスローガンに、社会から真に必要とされるインクルージョンな
組織をつくり、日本からアジア、そして世界に向けて全力で挑戦してまいります。

代表取締役CEO

神谷雄二

TOP INTERVIEW

MVV

Mission
Vision
Value

  • Mission
    果たすべき使命
    アジアの農業と地球環境を改善する。
  • Vision
    ミッション実現のための目標/実現したい未来
    バイオマスレジンの普及を軸に、プラスチックと農業におけるサーキュラーエコノミーとCO2削減を実現する。
  • Value
    企業としての強みと社員の共通価値
    インクルージョン(異なる経験や能力を持った人々が互いの個性を認め合い、一丸となって働くこと)

ボードメンバー紹介

バイオマスレジンホールディングス
代表取締役 CEO

神谷 雄仁

かみや かずひと

商業施設開発のコンサルタント、食品商社で化粧品・健康食品原料の開発などを経てバイオマス関連事業に参加し、2005年に前身となるバイオマステクノロジー社創業。
2017年11月、バイオマスレジン南魚沼を設立。2020年3月、バイオマスレジンホールディングスを設立し、代表取締役 CEOとして現在に至る。

バイオマスレジンホールディングス
取締役副社長

ナカヤチ 美昭

なかやち よしあき

スキー場やリゾート施設等のプロデュース、So-netの立ち上げおよびソニー系のシステム開発などを経て、2002年国内第一号機となる木質バイオマス混練装置の開発プロジェクトに参画。2005年、神谷 雄仁と出会い、2014年バイオマステクノロジーに執行役員として合流し、バイオマスレジンホールディングスの専務取締役 COOに就任、現在に至る。

バイオマスレジンホールディングス
取締役(CFO)

大槻 正孝

おおつき まさたか

1995年、青山学院大学法学部法学科卒。
日本信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)入行後、安田企業投資株式会社、エーシーキャピタル株式会社、中国信託商業銀行などを歴任。財務会計に関する知識及び経験を持つほか、ファンドの設計・設立、金融法人部の立ち上げ、M&Aアドバイザリーなどを経験。

バイオマスレジンホールディングス 執行役員(CTO)

坂口 和久

さかぐち かずひさ

2003年、カリフォルニア大学デービス校 環境資源科学学部卒。
同年、バイオマス関連事業の研究所にて主任研究員として勤務後、同社取締役/製造統括/主任研究員を兼務。
2018年バイオマスレジングループに参画、2020年バイオマスレジンエンジニアリングの代表取締役社長に就任。2021年9月バイオマステクノロジーの社長執行役員に就任、現在に至る。

バイオマスレジンホールディングス 執行役員
(株式会社バイオマスレジン南魚沼 取締役)

福島 栄治

ふくしま えいじ

国立埼玉大学経済学部経営学科卒。
「人間尊重 艱難汝を玉にす」という言葉と共に出光佐三を敬愛、その影響で出光興産に入社、その後、出光石油化学、PSジャパン、宇佐美エナジーを経て、2019年バイオマスレジングループに参画、2022年現在バイオマスレジン南魚沼取締役。

バイオマスレジンホールディングス 執行役員
(株式会社バイオマスレジン南魚沼 社長執行役員)

奥田 真司

おくだ しんじ

2006年、青山学院大学経営学部経営学科卒。同年、野村證券株式会社に入社。国内営業拠点での富裕層向けリテール業務、上場企業を含む法人向けコンサルティング業務、また本社での戦略企画業務に従事。2020年3月に野村證券を退職。同年5月にバイオマスレジングループに参画、株式会社バイオマスレジン南魚沼の取締役副社長、2022年4月に社長執行役員に就任、現在に至る。

バイオマスレジンホールディングス 執行役員
(株式会社バイオマスレジンエンジニアリング 社長執行役員)

町田 哲哉

まちだ てつや

1983年に総合商社に入社し、海外プラント建設案件に従事。その後米国大手エネルギー会社、三井系大手エンジニアリング会社に勤務し、2021年3月にバイオマスレジンホールディングスに入社。
2021年9月よりバイオマスレジンエンジニアリング社長執行役員に就任、現在に至る。

バイオマスレジンホールディングス 執行役員
(株式会社バイオマスレジンマーケティング 代表取締役社長)

山田 眞

やまだ まこと

1961年生まれ。1984年(株)博報堂入社。2012年~2018年(株)新潟博報堂代表取締役社長。新潟博報堂では新潟三越伊勢丹様の「越品」をプロデュース。その後、新潟の価値をより高める活動を行うため、新潟三越伊勢丹様と業務提携し「NIIGATA みらいプロジェクト」を始動。2018年博報堂本社に戻り、全国各地の地域会社を統括・共創を行う部門の部門長を経て、2021年9月退職。2021年10月より代表取締役社長に就任、現在に至る。

顧問(知財)
荻野 誠おぎの まこと
顧問(技術)
武田 晴夫たけだ はるお
顧問弁護士
弁護士法人御堂筋法律事務所
顧問弁護士
弁護士法人イノベンティア

会社概要

商号 株式会社バイオマスレジンホールディングス / Biomass Resin Holdings Co.,Ltd.
研究所:ERST Lab (Environmental Resource Science and Technology)
設立 2020年3月10日
資本金 10,000万円(2022年6月現在、資本準備金を含む)
代表
取締役
CEO
神谷 雄仁
従業員数 80名(2022年4月現在/HD傘下各社含む)
所在地

〒100-6510 東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング EGG JAPAN

・JR東京駅丸の内中央口より徒歩1分 / 丸ノ内線東京駅直結
・千代田線二重橋前(丸の内)駅より徒歩2分
・三田線大手町駅直結 / 東西線大手町駅より徒歩4分 / 半蔵門線大手町駅より徒歩8分

・JR東京駅丸の内中央口より徒歩1分 / 丸ノ内線東京駅直結
・千代田線二重橋前(丸の内)駅より徒歩2分
・三田線大手町駅直結 / 東西線大手町駅より徒歩4分 / 半蔵門線大手町駅より徒歩8分

事業内容

バイオマス資源を利用したプラスチック樹脂原料の製造・販売及び研究開発

●グループ各社の事業サポート

営業連携、マーケティングリサーチ、PR / 広告による支援、人材教育など

●バイオマスプラスチック原料の製造

最新技術によるバイオマスプラスチック
「バイオマスレジン(米・木・その他)」の製造

●バイオマスプラスチック原料の販売

低価格のバイオマスプラスチック「バイオマスレジン」の供給販売

●バイオマスプラスチック製品の販売

バイオマスプラスチック「バイオマスレジン」を使用した製品の販売

●有機資源の樹脂化研究受託

バイオマス素材の研究開発
化学工業品の評価分析
複合材料の開発
知的財産の管理

沿革

2007年
5月
株式会社バイオマステクノロジー設立
バイオマスプラスチック市場にて用途開発を進める。
2010年
7月
ピープル社より「お米のおもちゃシリーズ」発表
近年のインバウンド効果や、石油由来プラスチックによる環境負荷問題への意識の
高まりを受け「お米のプラスチック樹脂」に対する需要が急激に拡大。
安定供給・品質保証・品質管理のレベル向上を目的に、
自社研究開発施設・生産工場設立の機運が高まる。
2017年
11月
株式会社バイオマスレジン南魚沼を設立
創業にあたり、株式会社バイオマステクノロジーよりライスレジンの製造・技術情報
および営業権・商標権を譲受。
お米から作った【純国産・バイオマスプラスチック】樹脂を主力商品とすべく、
米どころである新潟県南魚沼市を本店所在地とした。
2018年
3月
生産開始
2018年
9月
一般社団法人日本有機資源協会よりバイオマスマーク認定取得
No.180001 ライスレジン®(バイオマス度70%)
No.180002 ウッドレジン®(バイオマス度50%)
2019年
7月
一般社団法人日本有機資源協会よりバイオマスマーク認定取得
No.190008 ライスフィルム10(バイオマス度10%)
No.190009 ライスフィルム30(バイオマス度30%)
2019年
10月
株式会社バイオマスレジンエンジニアリング 設立
国産バイオマスプラスチック樹脂製造装置に係る設計・販売・施工・メンテナンスを
目的とし、株式会社バイオマスレジン南魚沼と株式会社NNCホールディングスにより
合弁会社を設立。
2019年
11月
株式会社バイオマスフィルム 設立
国産バイオマスレジンを使用したインフレーション加工を目的とし、スカイマテリアル
ホールディングス株式会社 と株式会社バイオマスレジン南魚沼により合弁会社を設立。
2020年
1月
株式会社バイオマスレジンマーケティング 設立
バイオマスレジングループ全体のマーケティングを目的とし設立。
2020年
1月
株式会社バイオマスレジン熊本 設立
2020年
3月
バイオマスレジンホールディングス 設立
2020年
9月
株式会社スマートアグリ・リレーションズ 設立
耕作放棄地等を活用し、新市場開拓用米によるライスレジンの原料となる資源米を生産
2021年
7月
株式会社バイオマスレジン福島 設立
2021年
7月
株式会社バイオマスレジン関西 設立
2022年
3月
株式会社バイオマスレジン熊本 生産開始

評価・受賞歴

環境省
環境省 (2019年、2020年)
「令和元年および2年度脱炭素社会を支えるプラスチック等資源循環システム構築実証事業」 採択
経済産業省
経済産業省 (2020年)
自立・帰還支援雇用創出企業立地補助金
農林水産省
農林水産省 (2020年)
バイオマス利用拡大を推進する農水省も取り組みに注目。
食料産業局のフェイスブックでも、紹介して頂きました。
一般社団法人日本有機資源協会
一般社団法人日本有機資源協会
バイオマスマークの認定(ライスレジン/ライスフィルム25/ライスフィルム10/ライスフィルム30/ウッドレジン)
2020 国際ハッカソン 優賞
第14回 ニッポン新事業創出大賞 アントレプレナー部門 最優秀賞
東京ベンチャー企業 選手権大会2020 優秀賞
J-Startup NIIGATA企業 選定