バイオマスレジンとは

About
Biomass
Resin

食用でありながら廃棄されたお米、浸水被害を受けたお米、日本酒の醸造過程で発生する米粉、
さらには製造やリサイクルの工程で生まれる木粉、伐採後に産業廃棄物となる竹など、
日本には有効利用されていないバイオマス資源が山のようにあります。
これらの国産バイオマス資源を有効利用したプラスチック樹脂、それが「バイオマスレジン」。

元来地球上にある植物を原料とするため、地上の二酸化炭素の増減に影響を与えない「カーボンニュートラル」の性質を持ちながら、
従来のプラスチックと比べても、コストや成形性、強度などはほぼ同等というエコフレンドリーな新時代のプラスチック素材です。

現在、国内で消費されている
年間1,400万トンの石油系プラスチックを
全て
「バイオマスレジン」に
転換すると、4,400万トンの
二酸化炭素削減
につながります。

製造工程とイメージ

test
test
test
test
test

バイオマスレジンの種類

ライスレジン®/RiceResin®

わたしたちの主力製品であるライスレジンは、規格外、破砕米、屑米、米粉などの非食用の「資源米」を原料とした
優しい風合いが特徴のバイオマスプラスチックです。
一般的な石油系プラスチック樹脂と同等の耐久性、耐熱性に加え、インジェクションやインフレーションなど
幅広い成形に対応できる加工性の高さも兼ね備えています。
多種多様な分野の製造業の皆さまが「環境に配慮したものづくり」を実現できるようお手伝いさせていただきます。

ライスレジン®は非食用の「資源米」等を原料としたバイオマスプラスチック。

(写真左)米率40% (写真中央)米率51% (写真右)米率右70%

米率51% 各色

食用に適さない古米・砕米、各種フードロス品などの国内資源と熱可塑性樹脂を
特殊相溶化技術により混練しております。

SELECTED CASE STUDY

お米のオカリナ
(株式会社長峰製作所 様)

郵便局レジ袋
(株式会社郵便局物販サービス)

お米のスプーン・フォーク
(ホウケン産業株式会社 様)

純国産 お米のおもちゃシリーズ
(ピープル株式会社 様)

その他バイオマスレジン製品

ライスレジンの他にも、様々なバイオマス資源を利用したバイオマスレジンを製造可能ですので、お気軽にご相談ください。

  • Coffee Resin
    コーヒーレジン
  • Wood Resin
    ウッドレジン
  • Soba Resin
    そばレジン
  • Bamboo Resin
    バンブーレジン
  • biodegradable
    plastic
    生分解性プラスチック
  • etc...

事例紹介