SDGsへの取り組みについて

SDGs × バイオマスレジン南魚沼

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。

持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない “leave no one behind” ことを誓っています。

SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。
日本の取組(PDF)

 

「脱プラスチック」と「SDGs」

  • 「脱プラ」のムーブメントは一過性ではなく、しばらく継続。
  • 国連加盟193カ国が2016~2030年の15年間で達成するために掲げた目標 “Sustainable Development Goals”(持続可能な開発目標)の「気候変動」「海洋資源」のテーマに合致。

 

 

企業が社会に対して、何らかの形でSDGs実現への姿勢を打ち出すことは、この時勢において必要不可欠です。

「脱プラスチック」のムーブメントは、「気候変動」や「ジェンダー平等」の実現などSDGsでテーマとなっている他の課題に比べ、その成果を可視化・定量化しやすい。

そして重要なのは、経営陣だけでなく一般の社員そして顧客様に、その意義を理解してもらうことと考えます。

 

バイオマスレジン南魚沼が出来ること

私共、株式会社バイオマスレジン南魚沼では、このSDGsの趣旨に賛同し 、私共が出来ることから取り組み、現在は2つのアクションでの貢献を目指しております。

SDGsの詳しい情報は「外務省HP」からご確認下さい。

Action-01 
日本発 国産新素材『バイオマスレジン』を活用した環境問題への取り組み

  • 耐久性・耐熱性・加工性だけでなく価格帯も石油系プラスチックとほぼ同等で実現!
  • 独自技術が可能にした、純国産バイオマスプラスチック。

当社の各種バイオマスレジンは汎用プラスチックとコスト、成形性、強度等がほぼ同等でありながら、焼却時にダイオキシン等の有害ガスが発生しない熱可塑性バイオマスプラスチックです。

国内資源である「非食米」「砕米」や「木粉」「竹・竹炭」などの植物原料や食品加工メーカーから排出される各種フードロス品に、安全性の高いプラスチックの「ポリオレフィン」を加え、当社独自の特殊技術にて複合材化します。

ポリ乳酸プラスチック等と違い、生産時において発酵過程を必要としません。
既存の植物系プラスチックでは解決が難しい「耐久性」「耐熱性」「加工性」を石油系プラスチックとほぼ同等で実現しています。

ライスレジン®は非食用の「資源米」等を原料としたバイオマスプラスチック。

オレフィン系樹脂との相溶性がよく、加工適性に優れ、幅広い用途で成形可能。

バイオマス特有の優しい風合いが特徴。原料の機能が樹脂に影響し多様な効果を発揮。

Action-02 
フードロス × バイオマスレジン = 『サーキュラー・エコノミー』構築への取り組み

サーキュラー・エコノミー “Circular Economy:CE” とは、再生し続ける循環経済を指す概念で、製品・部品・資源を最大限に活用し、それらの価値を目減りさせずに永続的に再生・再利用し続けるビジネスモデルです。

世の中には、非常に多くの「無駄」が存在しています。
たとえば、資源の無駄、捨てられる素材、まだ使用できるにもかかわらず破棄されている商品や製品などです。

サーキュラー・エコノミーのビジネスモデルを導入することで、そうした無駄を活用し、利益を生み出すことが可能になります。

循環経済において新たな「富」を生み出すと期待される一つが廃棄物であり、フードロスのバイオマスプラスチック化に取り組んでいます。

バイオマスレジンの原料となるのは、非食用米(古米、砕米、米粉等)や木質(杉、松、檜等)、竹・竹炭をはじめとするバイオマスの他、フードロス対策として食品加工メーカーとタイアップし、各種フードロスを使用したバイオマスプラスチック樹脂製造等の循環システム構築をはじめ、幅広く地産地消バイオマス事業をサポートし、各地域や企業の特性を未来創造の糧へと昇華させ、新たな産業を創出して参ります。

サーキュラーエコノミー

フードロス × バイオマスレジン

食品加工メーカーの生産工程において発生する
フードロス(食品廃棄物)は莫大な量となっており、その大半が焼却処分されています。
フードロス品を私たちの培ってきた技術を駆使し、
バイオマスプラスチックとして再生させることに成功しました。
また砕米や米粉など食用に適さないお米もフードロスとして捉え、
新たな価値の創造に向け取り組んでいます。

SDGs × バイオマスレジン南魚沼

世界を変えるための17の「持続可能な開発目標」のうち8つの項目に貢献します

  • 働きがいも経済効果も
  • 産業と技術革新の基盤を作ろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう
  • パートナーシップで目標を達成しよう

お問い合わせ

バイオマスレジン南魚沼へのお問い合わせは下記よりお気軽にお問い合わせください。

PAGETOP